日本コンピュータセキュリティリサーチ株式会社

研究・開発

解析の自動化

静的解析は動的解析に比べて多くの労力が必要になります。また近年ではマルウェアは営利目的で大量の亜種が作られ、検体の規模も大きくなってきています。さらに多くのマルウェアは難読化・暗号化されています。そのような近年のマルウェアをとりまく情勢に対抗するための技術の研究・開発もJCSRでは行っております。